4歳からピアノを始めて1年が経ったのでメリット、デメリットを考えてみる

先日、娘のピアノレッスンのお迎えに行ったときに先生から「今日はとても集中してレッスンが出来ました」と嬉しいお言葉をいただきました✨

これまの30分間のピアノレッスン中はというと、娘の一方的な井戸端発言から始まり、それが楽しくなっちゃってテンションが上がり「おふざけレッスン」になってしまうことが多かったそうで。

まだ5歳だし、しょうがないのかな・・・っと諦め半分、せっかく高いお金を払ってるのに・・・っという親の都合半分で、あまり深く考えたくない案件として私の頭の中に存在していました。

1年経ってようやくスタートラインなのかな?(笑)

はじまり

ちょうど1年前、娘がどうしても習いたい!っと言うので始めました。

しかしこの決断を迎えるまで凄く悩みました。
私自身が3歳~14歳まで習っていたけど今、全く弾けないどころか楽譜も読めないっというところから・・・

主な悩み
■アップライトピアノの購入費用
■それを置く場所
■ご近所への騒音
■毎日練習に付き合う

などなど頭を抱えることが多く。

それでもピアノを習わせようと覚悟を決めたのは、娘の熱意とピアノはメリットしかないという言葉でした。

 

ピアノのメリット

■音感が身につく

3歳から始めた私は絶対音感を身につけることが出来ました。今は老化なのか精度が狂ってしまいましたが・・・。
耳で聴いた簡単な曲は楽譜無しで弾けます(耳コピ)

しかしこれも良し悪しで、私は耳コピばかりしていたので楽譜が読めません。
楽譜が読めないとある一定以上の曲はもう弾けません(涙)
なので娘には譜読みが得意になって欲しいので、先生のすすめでおんぷカードを使い遊びながら覚えてもらっています。

半年ほど前から娘は音名で歌を歌うようになりました。
これも楽譜を読まなくなるので注意です。

■忍耐力が鍛えられる

曲が弾けるようになるには果てしない忍耐力が必要です。

譜読みから指の使い方、練習に練習を毎日積み重ねて少しずつ弾けるようになる。
これの繰り返し。

始めは思うように上手く指が動かないんですよね。これがまたイライラしちゃうんですよね(笑)娘も新しい曲になる度に自分と戦っています。

でも、この出来ないことに立ち向かう忍耐の強さこそが、生きていくうえでとても必要です。

逆境に立ち向かう力
努力し続け諦めない力
毎日コツコツやる習慣

これが私にもあれば・・・もう少し人生は豊かだったのかなー
話がそれました。

■脳にいい

ピアノは、目で楽譜を読み脳で理解し暗記ながら先読みしつつ両手を複雑に使い(たまに足も)⇒耳で音を確認します。
この一連が脳にとってもいいそうです。

HQ(人間性知能)や記憶力が向上し左右の脳のバランスもよくなるんだそう✨

またピアノの反復練習は学習の基礎。
この習慣、1年経ってようやく身に付いてきました。長かった(笑)

■達成感を得られる

課題曲が目を閉じても弾けるようになったり、1度もミスせず弾けたとき、娘はとても嬉しそうです。
日々の練習ではストレスを感じているようですが、その分、弾けるようになった喜びは大きいみたい✨

達成感によりさらなる向上心を持ち豊かな人生になっているのかな~っと、私は勝手に(自己)満足しています。

◾︎音楽の授業で苦労しない

幼稚園でメロディオンの授業があるのですが、そこで苦労しません。
むしろ得意です。

が、同じドの音を連続して弾く時に、みんなは吹く息で音を区切って出しているのに対し、娘はドの音を親指で連打しています。ピアノあるあるかな?
吹きっぱなしなので息つぎでハァハァ(笑)

 

ピアノのデメリット

■日々の練習でバトルになる

費用とか騒音とか色々あるかもしれないけれど、私の中で一番はコレです。

私がやる気を出してしまうと、ついついスパルタに!
音楽は音を楽しむんだと自分に何度も言い聞かせてるのに力が入ってしまう・・・
上手く出来ないときこそ大いに励ましながら、根気よく一緒にやりたいだけなのに、なぜ?(涙)

幸い自分で始めたいと言って始めたことと、自分で選んだアップライトピアノなので、毎日「練習しなさい!」でケンカになることはまだありませんが、厳しくなり過ぎて泣きながら鍵盤に向かう日も。

見守ること…今後の課題です。

 

個人レッスンかグループレッスンか

最後にピアノ教室の話しを。

娘は個人レッスンを選びました。グループの中に入って競争心が芽生えるタイプでもなく、どちらかと言えば気が散ってしまうタイプだったからです。
今は娘が選んだ大好きな先生のお宅へ通っています。

私はヤマハのグループレッスンから始めました。お友達と一緒に音楽を楽しんでいましたが、両親の都合で自宅に先生をお招きするレッスンに変更しました。

一対一になってから急成長しました。練習をしないと誤魔化せなくなったからです。先生がヒステリックで怖かったっというのもあるけれど、ここから一気にピアノが楽しくなくなりました。
個人レッスンは先生との相性がとても大事です。

まとめ

もうすぐ3歳になる息子が、姉を見て「僕もピアノを習いたい!」と言うようになりました。

男の子がピアノを弾けるのは魅力的だしメリットもたくさんある・・・と分かってはいるのですが、親(主に私)に相当な覚悟が必要なので悩み中です。

年中さんまで言い続けたら、やらせてみようかなー