仮想通貨の価格差を利用してアービトラージ、サヤ取り、裁定取引をやってみよう

こんにちは。

今朝は、
ザイフとコインチェックのビットコインの価格が12万円ほど開いたのでアービトラージのお話しです(笑)

お話しをする前に、
この手法は初心者のうちはおススメしません。

知識と資金力が必要です。
なので、投資で資金が膨大に増えたころでどうぞお試しください。

と言っても、リスクももちろんあります。

投資にタダ飯はありません。(ノーフリーランチです)

 

まず始めに、

アービトラージとは取引所間の価格差を利用して利益を出す方法です。

価格が安いところで買って、高いところで売る。
要は転売みたいな感じです。

なので、サヤ取りと言ったり裁定取引とも言います。

 

ビットコインの価格差は、
Bitcoin日本語情報サイトの中の国内ビットコイン市況で確認できます。

Bidが売りAskが買いのことで、スプレッドはその価格差です。
(ちなみにこのスプレッドが取引所の利益になります)

スプレッドは手数料のようなもので、
例えば上のザイフだと、すぐ買って(1,195,000円)すぐ売る(1,191,000円)だけで、
もう4,000円の損です・・・。

スプレッド分マイナスからのスタートということになります。

なので、スプレッドが小さい取引所で売買をした方が断然お得です。

スプレッド

スプレッドは、
価格の急変時やビッグニュースが出ると大きく広がりやすいですが、
基本的には取引量が多いと小さくなり、取引量が少ないと大きくなります。

なのでコインチャックやビットフライヤー等は他の取引所よりも小さいです。

なぜかというと、

たくさんの人が参加して取引量が多い取引所ほど「できるだけ安く買って高く売ろう!」の考えに開きがあり、売買が成立しやすくなるため(流動性が高くなる)価格差は小さくなります。

反対に参加者が少ない取引所では、売りたい人と買いたい人の間がなかなか埋まらず、売買が成立しにくくなり(流動性が低くなる)価格差は大きくなります。

この取引相手が見つからない、売買ができないことを流動性のリスクといいます。

 

また、流動性が低い取引所ほど価格は高くなります。

理由は、
流動性の低い取引所では、自分の考えより大きく歩み寄って売買を成立させたり、売買が成立せず資金が拘束されて動かせないリスク等があります。

そのリスクを補うために割増料(流動性プレミアム)が付加されるからです。

なので流動性が低ければ低い(参加者が少ない取引所)ほど、価格は高くなります。

アビトラその① 転売する方法

まずは一番わかりやすいやり方を。

価格が安い取引所で買って、価格が高い取引所で売る方法です。

例えば1ビットコインの価格が、
ビットフライヤーでは110万円
コインチェックでは100万円だったとします。

まずは、安いコインチェックで100万円で買い、高いビットフライヤーに送金し110万円で売ります。

ハイ、10万円の利益ですね。

そこから
取引手数料(無料~0.15%)
送金手数料(0.0008BTC~0.01BTC)
日本円出金手数料を引いた分、
だいたい80,000円弱の儲けになります。

しかし仮想通貨の値動きは激しく、送金している間に暴落してしまうリスクがあります。
(もちろんその逆も)

ビットコインの送金時間は、約20分くらいから長いと1日ほど・・・

送金時間中ドキドキなスリル満点な方法のご紹介でした。

アビトラその② 空売りする方法

空売りを利用して、①の方法より値動きに左右されないやり方です。

まず同時に同じ枚数のビットコインを、
価格が安い取引所で購入し、価格が高い取引所で空売りをします。

そして、
価格が安い取引所で購入したビットコインを、空売りをしている価格が高い取引所へ送金し売ります。

最後に、空売りしているビットコインを買い戻します。

 

これだと暴落しても空売りで利益が出せますね✨

その代わり空売りをするので、
同じ80,000円弱を稼ぐのに①と比べて軍資金が倍必要になります。。。

アビトラその③ 価格差が小さくなるのを待つ方法

最後に送金をしないやり方です。

また同時に同じ枚数のビットコインを、
価格が安い取引所で購入し、価格が高い取引所で空売りをします。

2つの取引所間の価格差がなくなるまで、じっと待ちます・・・

なくなったところで、
購入した分を売り空売りした分を買い戻します。

すると価格が縮まった分が利益になりますね✨

 

詳しく説明します。

1ビットコインの価格が、
コインチェックで100万円
ビットフライヤーで110万円
価格差が10万円だったとします。

そこで、
安いコインチェックで100万円で購入し、高いビットフライヤーで110万円で空売りをします。

その後、
1ビットコインの価格が上がり、
コインチェックでは110万円
ビットフライヤーでは115万円
価格差は5万円と小さくなったところで、
コインチェックで110万円で売り、ビットフライヤーで115万円で買い戻します。

すると、
コインチェックでは100万円(買)-110万円(売)⇒10万円の利益
ビットフライヤーでは110万円(売)-115万円(買)⇒5万円の損失

10万円の利益から5万円の損失を引いた残りの5万円が利益です。

価格が縮まった分のサヤが取れるので、逆に価格が下がった場合でも利益が出せます。

 

しかし、冒頭でも述べた通り
価格差があるということは、価格が高い方は流動性が低い⇒いわゆる売買が成立しにくいリスクがあります。

なので同時といってもタイムラグが発生し、思ったところで約定できなかったりします。

するとどうなるか・・・
また価格差が広がり損をする場合があります。

 

まとめ

アービトラージは、やる人が増えると取引所間の価格差は小さくなっていきます。
価格が低いところでは買われ、価格が高いところでは売られるから価格が歩み寄るのです。

するとアビトラはできなくなりますね(笑)

今のコインチェックのずば抜けて割安な価格は、コインチェックで取引をするというリスク分なのかな?