かしこい子だと思っていたのに7歳で発達障害(ADHD注意欠陥)に気づいたお話

ずいぶんと間が空いてしまいました。
幼稚園の父母会役員がようやく終わったので、またぼちぼち書いていこうと思います。

放置していた1年間、いや1年以上!

色々ありました・・・

役員としての人間関係で鬱になりそうになったり、過呼吸を体験し初めて救急車のお世話になったり、娘がADHD(注意欠如)だったと判ったり。

そう!ADHDだったんです!
7年前の自分に大声で伝えたい!!

どうして出来ないの?どうしてそうなの?と教えようと、躾けようと日々苦悩していた私と娘に伝えたい!あれ?と思ったときに相談にいくんだ!

その発達障害の中のADHD(注意欠如)について、生まれてから気づくまでの7年間を今回は振り返ってみようと思います。


薄々はそうかな?もしかしたらそうなのかな?と思っていたけど、実際診断がおりるとやっぱりそうだったかと妙に納得したり。優しくなれたり。先のことを一緒に考えたり。。。

0歳から2歳

帝王切開で3,000弱で生まれた娘は、母乳やミルクを飲むのが下手でしたが、よく寝る子でいたって普通でした。

黄疸が少しひどくて、ゲップが下手だったくらい。
思いつくのはそれくらいで特に気になることもない幸せな赤ちゃん期でした。

発達も検診等で特に何か言われるでもなく、しいて言えばカラダがぐにゃぐにゃで柔らかかったので歩くのが少し遅かったです。

言葉が早い

7年も前のことで育児日記を見ないと覚えていないのですが、言葉は早かったです。

1歳のお誕生日前にコップを指でさして「こっぷ」、アンパンマンを「パンマン!」と言ったり。
1歳を迎えるとお名前を読んで「はーい」とお返事をしたり、ウサギを指でさして「かーい、かーい(かわいい、かわいい)」と言ったり。

1歳10ヵ月で自分の名前が言えるようになり、2歳のお誕生日の頃には4~5語文、もう文章?を話していました。

なので2歳2ヵ月でオムツも簡単にはずれましたが、この頃からよく泣くようになりました。

ちょうど下の子が生まれたのとイヤイヤ期かな?とその時は思っていましたが、ぐずり始めるととにかく長い。長い。長い・・・。手が付けられない・・・。
感情のコントロールが下手なのは、この頃からスタートしました。

3歳から4歳

入園

しかししっかりしていると私は思った、また本人が行きたいと言ったので満3歳から幼稚園に入れました。

今思えばこの幼稚園選びが大失敗だったのですが・・・いや、今、小学校で楽してるからある意味失敗ではなかったのかもしれないけど、お勉強系というか文武両道いわゆるお受験系の幼稚園に入れてしまったのです。

4年間「行きたくないな~」と言うことはあっても、泣いて行かないということは1度もなく通えていたのですが、個人面談等で良いことは全く言われない日々でした。

◆支度、準備、お着替え、食事が遅い
◆(周りが気になって)自分のことよりお友達のお世話をする
◆片付けが出来ない(脱ぎっぱなし、机の周りが散らってる)
◆指導者の話しを聞いていないことが多い

などなど。

でもまだ周りにも出来ていない子が居たので、そこまで目立ってはいませんでした。が、集中力が無いのかな?と思って、4歳でピアノを習いはじめました。

プールの授業でひとりだけ顔をつけられなかったのでスイミングも習いはじめました。

好きなことへの集中力

娘は絵を描くことが好きで、家にいる間はずっと折り紙に絵を描いていました。塗り絵は驚くほど雑で未だに下手というか大雑把というかグチャグチャです。

年少に上がる前の春休みに、脱衣所に貼っていたひらがなポスターで勝手にひらがなを覚え、夏休みには文字が書けるようになっていました。

それからは絵に文字をつけて何ページも書いて絵本を作っていました。

本人曰く「絵本を買うお金がもったいないから作ってるの」だそうで。
長時間集中してよく意味の分からない「絵本」を何冊も作っていました。

空想・妄想好き

娘はよく喋るのですが、ロマンチックというか空想好きです。だから物語を考えて書くのが好きなんだろうけど、だからこそ凄く怖がりです。

影絵を観に行ったとき、会場が真っ暗になった瞬間パニックになったくらい怖がりです。例えば映画館にドラえもんを観に行くのは大丈夫なんです。分かっているから。でもこれから何が始まるのか分からないことろだと悪者が出てきたらどうしよう!おばけが出てきたらどうしよう!とマイナスな妄想が膨らんで怖いみたいです。

ちなみに落ち着いて何が怖かったのか聞くと、教えたこともない言葉で返ってくることがあります。

絵本なのかテレビなのかどこで覚えたのやら。

なので幼稚園での出来事は「今日何をやったよ」とかではなく、例えば「新しい先生は岐阜県から来たんだって」とか、「今日プールの前に先生が日焼け止めを塗ってたけど、日焼け止めって何?」とか。

心の声

この頃、私があれ?と思ったのが心の声です。

ひとり言が大きいというか、よくお友達みんなで遊んでいるときに「夢みたい。今日はなんて楽しいんだろう~」とか、空気が読めないというか、それぞれ遊んでいるのに「みんなー!一緒に鬼ごっこやろうよー!」と言って年上のお姉ちゃん達を困惑させたり。

「面白い子だね」「天然ちゃんだね~」と言われて、ん?と不安になったのを未だに鮮明に覚えています。

5歳から6歳

この頃になると幼稚園で目立ってきました。

「急ぐ」が分からない

時計が読めるはずなのに時間配分が出来ません。

あと5分しかないよ!と急かしても鼻歌交じり。
また着替え途中で遊びだしたり。玄関で靴を履くのに5分以上かかったり。

耳が聞こえてない?

集中力が続かないのでみんな合唱をしているときなど、ひとり意識がどっか行っちゃって、ボーっと歌わないで立ってるだけだったり、参観に行っても私に良いところを見せよう!とか頑張っても一瞬で、集中力が切れると目があってもボーっとしたままだったり、っていうか、目が合わなかったり。

その時間が普段も長いのか担任の先生から右耳が聞こえてないんじゃないかと言われ耳鼻科にも行きました。

結果、耳に異常は無かったのですが、なんだか心配で子育て支援の予約をしました。

しかし子育て支援では、「とってもしっかりしている子。なんの心配もいらない。誰だって疲れてるときはシャッターを下ろしたくなるでしょ?娘さんもそんな感じ。ボーっとする時間も必要」との面談結果でした。

「いや違うだろう」と思った私は、発達支援の予約を取りました。

なかなか混んでいて今年の春休みにようやく受診、診断の結果ADHDの気があるとのことで、夏休みにどの程度なのかテストをする予定です。

7歳の今

感情のコントロール

今困っていることは感情のコントロールが難しいのか、泣き出すとなかなか泣き止まないことろです。2歳からもうずっとですが・・・。

先日、5時間目で叱られたのか嫌なことがあったらしく泣きながら帰ってきました。何時間泣いてるのかって話ですよ。。

玄関で抱きしめて落ち着いて事情を聞くとタラタラと愚痴や文句や自分の思いを語るのですが、人目が気にならないのか聞いてもまだその感情は無いみたいです。

が、別の日は、「同じ下校班のお友達に見られたら、その子のクラスで私が泣いていたのがバレるから泣き止んだの」と言ったり。

集中力の落差

あとは集中力の高低差。

宿題は簡単な国語と算数のプリント2枚なのに1時間以上かかります。歌いながらやってるから・・・。消しゴムとか鉛筆で遊んじゃうから・・・。気が散っちゃうから。

しかしピアノは今、自分から弾きたいと言った曲なので3~4時間集中して練習します。

この興味のないこと、やりたくないことをどうやって手を引いたらいいのか、無理やりやらせて意味があるのか・・・。

物を失くす

娘は今年から小学生なのですが、宿題の出し忘れもよくあるし、何より物をよく紛失します。消しゴム、色鉛筆、鉛筆・・・。
まぁ片付けが苦手だからなんでしょうが、目の前にあるのに見つけられなかったり、物を探すのも下手です。

私に余裕ができた

しかし診断を受けて私自身に余裕が生まれました。

今まで他の子と比べないようにしていたけど、どこかに焦りがあって、ちゃんと出来るようにしなきゃ!ちゃんと私がどうにかしなきゃ!とかプレッシャーがあって、また、これだけやっても人と同じ風に出来ない娘に落胆したり本人を責めたりもしました。

欲を言えばもう少し早くに知りたかったと思うけど、もう出来るようになったかな?と期待して裏切られることが無くなったので、肩の荷が下りたというか気が楽になりました。

今まで幼稚園やお家で相当自己肯定感が下がっているの思うので、ネガティブになったり不安障害といった二次障害を防ぐために、私に何が、お家で何が出来るのかこれから考えてみたいと思います。